ワインの種類ごとの違い知ってますか?

ワインと言っても種類は様々

普段はさほど意識することもありませんが、一口にワインとは言っても、色んな種類が存在します。
赤ワインや白ワインは定番ですが、他にもスパークリングやフレーバー入りなど様々です。一体どのような種類があるのでしょうか?

発泡性のないワインはこの種類 「スティルワイン」

一般に広く飲まれているワインは、総じて「スティルワイン」と呼ばれています。発泡性がないシンプルなワインです。私達にも馴染み深い赤や白ワインや、ロゼがこのカテゴリに当てはまります。そのため、分類上では赤も白も全て同じワインとも言えますが、実際は異なる点も多いのです。

赤ワイン

赤ワインは最も色が濃いスティルワインで、黒ブドウの品種を使っているのが特徴です。黒ブドウは皮が黒くなっており、使う品種によって赤ワインの色や風味に違いが現れます。なお、赤ワインと呼ばれる理由はワインの色にあります。ブドウの品種は黒ですが、醸造後に深い赤や紫になることから赤ワインと呼ばれています。

製造時にはブドウをほぼ丸ごと使っており、他のワインよりも渋みが強いのも特徴です。これは皮などに含有されるタンニンの影響によるものですが、銘柄により渋みが違うことも赤ワインの魅力の一つです。

白ワイン

白ワインは、白ブドウを使用して作られたワインのことを言います。ブドウの皮の色は緑や黄緑色ですが、赤ワインとは異なり、製造時に果肉のみを使用します。そのため、できあがるワインが白いことから白ワインと呼ばれているんです。

白ワインは口当たりが軽く、タンニンによる渋みはほとんどありません。味は甘口と辛口に分けられますが、ワインの醸造期間によって味が変化します。通常は醸造期間が長いほど酸味が強く、逆に短いものはブドウの甘みが残っています。単に同じ白ワインでも、銘柄ごとに味が違うのにはこうした理由があるんですね。

ロゼワイン

そしてロゼワインは、色が朱色やピンクに近いワインです。色味は赤と白の中間とも言えますが、使っているブドウの品種は様々です。製法によっては黒ブドウのみを使う場合もありますし、白ブドウと混合させて熟成することもあります。

ロゼワインは製法が最も複雑なスティルワインで、深い赤色をいかに薄くするかが鍵になります。ロゼの色味は製法により変わりますが、これが風味にも影響しているのです。
例えばセニエ法で作られたロゼは赤ワインのように深い味になる一方で、直接圧搾法のロゼは白ワインのような酸味が強い味わいなります。スティルワインの中では、最も奥が深いワインとも言えるでしょう。

発泡性を有するワインはこの種類 「スパークリングワイン」

シャンパンのように、シュワシュワと炭酸が出るワインはスパークリングワインと呼ばれています。発泡性を持つワイン全般のことで、ワインの中に炭酸ガスが封入されているのが特徴です。炭酸ガスは人工的に封入する製法と、瓶内で発酵が進んで溶け込む場合の2つがあります。

ワインは発酵が進むと炭酸ガスを放つようになりますが、ガスが抜けない内に瓶詰めしたり、瓶詰めの際に砂糖を添加するなど製法は様々です。日本ではスパークリングワインをシャンパンと呼ぶこともありますが、これは間違いなので気を付けましょう。シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインの一銘柄です。スパークリングワイン=シャンパンではありません。

アルコールをさらに追加したワイン 「フォーティファイドワイン」

フォーティファイドワインは、醸造段階で意図的にアルコールを添加したワインのことを言います。他のワインと比べてもアルコール度数が高くなっており、度数が20度近い銘柄も少なくありません。添加に使われるアルコールはブランデーが一般的です。

また、フォーティファイドワインは銘柄により風味も違います。これは醸造段階でアルコールを添加するタイミングが違うためです。ワインはアルコールが一定割合を超えると発酵が止まりますが、フォーティファイドワインではタイミングを調整しているため、甘みや酸味に大きな違いが現れます。
引用:https://www.sherry.wine/jp/wines/vino-generoso/oloroso

ブドウ以外を使っている点が普通のワインと違う 「フレーバードワイン」

スティルワインをベースに、様々なハーブやスパイスを添加したものがフレーバードワインです。世界中で様々なワインが作られており、代表的なものにはヴェルモットやサングリアがあります。自宅でも気軽に作れますが、特にサングリアはスペインの家庭で親しまれています。

フレーバードワインは、銘柄ごとに風味が大きく異なるのが魅力です。例えばサングリアは果物を使っているため甘みが強く、ヴェルモットはハーブの香りが強くなります。フレーバーが違えば味も香りも変わるため、こうした違いを楽しめるのもフレーバードワインならではです。

とても奥深いワインの世界

単にワインと言っても、その種類や味わいは多種多様です。たとえ同じロゼワインであっても、甘さも酸味も全然違います。ワインは人それぞれ好みが分かれる飲み物ですが、ぜひ違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?
引用:http://wine-bzr.com/topic/column/8998/

コメントを残す

CAPTCHA