ワインといえばフランス!特徴と買取額

フランスのワイン生産量は世界第二位

ヨーロッパは世界的に有名なワインの生産地が沢山あります。その中でもフランスは、ワイン生産量が世界で第二位というワイン大国です。そんなフランスワインは、ほぼ全国に渡って有名な生産地があります。例えばワインの王とも称されるブルゴーニュワインや、スパークリングワインの代表であるシャンパンもフランスが生産しています。
当サイトではスペインのワインの特徴と買取額も紹介しているので、そちらもぜひご覧ください!

フランス産のワインの特徴

フランスワインの特徴は以下の2点が挙げられます。

  • AOCで品質が一定に保たれている
  • 有名な高級銘柄も多い

フランスのワインは高品質で知られていますが、AOCによって厳密に規定されていることが理由です。また、5大シャトーのように高級銘柄が非常に多く、日本でも有名な銘柄も様々あります。

AOCとは?

フランスのワインはAOCで品質が保たれていますが、AOCは「原産地呼称統制」と呼ばれる制度です。一口にフランスワインと言っても、その製法や使うブドウの品酒は様々あります。こうした違いを法律で規制したものがAOCで、各地方が安心してワインを作れるよう細かくルールが定められています。

高級銘柄が沢山ある

また、世界中にあるワインの中でも、フランス産のものは高級銘柄が多い傾向にあります。例えばロマネコンティやシャトー・ワインのほか、エシェゾーやモンラッシェなど、挙げるとキリがないほどです。こうしたワインは高値で取引されており、業者による買取でも高値を期待できるのが魅力と言えるでしょう。

引用:http://grand-cave.jp/2015/04/22/romanee-conti-grand-vin-crus-vosne/

フランス産のワインの買取相場

上記の通りフランスのワインは高値が付きやすい傾向がありますが、全体の買取相場も高騰しています。もちろん銘柄による違いこそありますが、安くても数千円台が相場で、高いものとなると数十万円を超えるような場合もあるのです。
例えばモンラッシェは、高いものなら50万円近い価格で取引されています。5大シャトーでも最低数千円程度ですので、フランスのワインなら高値が期待できます。

フランス原産の買取額が高いワイン【まとめ】

数あるフランスのワインの中でも、特に高値が付きやすい銘柄は下記のつです。

  • モンラッシェ
  • エシェゾー
  • ロマネコンティ
  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・ラフィット・ロートシルト

これらはいずれも高値買取定番銘柄です。ヴィンテージ次第では非常に高値が付きます。

数十万円も珍しくない銘柄

モンラッシェなどのワインは数十万円で売れることがあります。例えばモンラッシェ30万円以上が見込めますし、エシェゾーも5万円~10万円が中心になっています。また、ロマネコンティは平均でも数十万円台になるほか、2000年物に100万円以上の価値があります。

シャトーワインにも注目

シャトー・マルゴーは1~2万円台が中心ですが、安定した買取価格が魅力です。シャトー・ラフィット・ロートシルトは2万円~8万円台となっており、5大シャトーの中でも買取価格が高い部類に入ります。

フランスのワインは高値で売れる

フランスは世界的に有名なワインの生産地を多数抱えています。その多くが高級ワインで、平均すると数万円台の価格で買取されています。そのため、他の国のワインと比べても高値で売れることが多いのです。
未開封のものがあれば、査定を受けてみるのも良いでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA