ブドウ生産面積第1位!スペインのワインの特徴と買取額

ブドウの生産に適したスペイン

西ヨーロッパにあるスペインは、ワインが多く飲まれている国としても有名です。ワインの生産量はフランスに次ぐ世界第三位である一方、ブドウの生産面積に関しては世界一位を誇っており、古くからワインが親しまれています。
その理由は、ブドウの生産が盛んなスペインの気候にあります。エブロ川やドゥエロ川を中心に、周辺の高原の気候がブドウ生産に適しており、これらの流域ではワイン生産地も集中しています。

スペイン産のワインの特徴

スペインのワインは以下2つの特徴を持ちます。

・有名生産地が数多い
・リーズナブルな銘柄が多数を占める

リオハやカタルーニャなど、スペインには有名なワイン生産地が数多くあります。また、他国のワインに比べて価格がリーズナブルであり、手軽に買えることも特徴と言えます。

リオハなど有名生産地が沢山

日本ではスペインのワインの知名度は高くありませんが、海外では有名な生産地が多いです。
例えばリオハは、スペインでも古い歴史を持つワイン生産地であり、現在は第二のボルドーと呼ばれることもあります。
また、20世紀半ば頃よりワイン生産が盛んになったバスクのように、比較的歴史が浅い生産地も存在します。それぞれワインの風味も異なっており、多彩な味を楽しめるのも魅力です。
引用:https://www.pieroth.jp/country/spain-ja/rioja.html

意外にも価格はリーズナブル

スペインのワインは、他のヨーロッパのワインと比べて価格もリーズナブルです。高級銘柄もいくつかありますが、全体を見ると価格が抑えられており、手軽に購入できるのが最大の特徴と言えるでしょう。手軽に買えるため、飲み比べしやすい点もポイントです。

スペイン産のワインの買取相場

海外に目を向けると、スペイン産のワインは非常に有名です。
しかし、日本ではフランスやイタリアほどの知名度が無いことから、買取相場というものが事実上存在しません。あまりメジャーではなく、リーズナブルな銘柄も多いからか、個別の銘柄の買取価格も数百円台に留まるものが多くなっています。
逆に販売価格が高い高級ワインも少なくありませんので、査定を受けて見る価値は十分にあるでしょう。

スペイン原産の買取額が高いワイン【まとめ】

上記の通りスペインのワインは買取相場が無いに等しいですが、高級ワインなら高値で売却できる可能性があります。例えば下記は代表的な高級ワインです。

・ウニコ
・コンタドール
・テルマンシア

これら3つの銘柄は、日本では数万円台で販売されており、スペインでも特に高級なワインになっています。いずれも買取相場はありませんが、販売価格や日本での希少性などを考えると、高値が付く可能性が高いと言えます。
ただし、業者により査定額が変わる場合がありますので、複数の業者から見積もりを取るのが良いでしょう。

スペインのワインは価格が手頃

ブドウの生産面積が世界第一位のスペインは、リーズナブルなワインが大半を占めています。手軽に買えるのが最大の魅力ですが、日本ではややマイナーであり、買取も盛んとは言えません。
しかし、ウニコなどの高級ワインは別ですので、もし飲む予定が無いなら売却を検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

CAPTCHA