ワインセラーって必要なの?ワインの適切な保管法教えます

ワインの保管にワインセラーが必要な理由

皆さんはどんな方法でワインを保管していますか?冷蔵庫に入れたり、冷暗所で常温保管している方も多いのではないでしょうか。すぐに飲むなら問題ありませんが、ワインは保管方法が非常に重要なお酒です。長期保管するならワインセラーは欠かせないと言えるでしょう。

ワインは時期によって保管に適した温度などが変わりますが、ワインセラーは、保管に適切な温度や湿度で保管できるのが特徴です。ワインは常に風味が変化するお酒であり、外部環境の影響を大きく受けます。温度や湿度が少し変化するだけで、劣化が進む場合もあるのです。

しかし、ワインセラーならこうした環境の変化を気にせずワインを保管できます。常に品質を保ちたいなら、ワインセラーは必須とも言えますね。

ワインセラーでワインを保管していると、買取額がアップするかも?

また、ワインセラーで適切に保管されたワインなら、買取業者の買取額がアップする可能性もあります。ワインの買取額は様々な要因で決まりますが、特に買取額を左右するのが品質です。実際に判断するのは相応の鑑定眼が必要ですが、品質が劣化したワインは買取額が大幅ダウンする要因になるのです。

ワインセラーを使い品質を保っておけば、劣化による買取額の減額を避けられます。逆に熟成が進んで付加価値が付く可能性もありますので、高値で売れる場合もあるのです。買取を前提にした場合もワインセラーは持っておくべきアイテムと言えるでしょう。

ワインセラー以外でのワインの保管法

ワインセラーは場所を取るという欠点があり、電気代も必要ですので、手軽さに掛けるのがネックになるでしょう。もしワインセラーを使わずワインを保管するなら、季節ごとに適した保管方法を選ぶ必要があります。

初夏~初冬

ワインは温度変化に弱いお酒です。初夏と初冬は気温の変化も大きいため、温度変化が少ない冷暗所での保管が必要です。ただし、湿度が低すぎるとコルクが乾燥し、ワインの酸化が起こりますので、湿度70%前後の環境で保管するのが望ましいでしょう。

夏場

夏場は気温が非常に高く、逆にワインがコルクの隙間から蒸発するおそれもあります。なるべく冷蔵庫へ入れ、温度変化を防ぎましょう。保管する時は野菜室がおすすめです。振動が少なく、かつ温度と湿度が冷蔵室よりも高いため、ワインの保管に適しています。

冬場

冬場は乾燥と低すぎる気温に注意しないといけません。夏場と同様に冷蔵庫の野菜室が望ましいですが、湿度が高めで温度が一定に保たれる冷暗所も適しています。なお、暖房のある部屋は温度変化が激しいため保管に適しません。

ワインセラーが簡単に保管できる

ワインは季節によって適切な保管場所を選ばなくてはいけません。しかし、住んでいる地域により保管に最適な場所は変わります。ワインセラーを使えば、保管場所を探す手間も省けますし、乾燥や温度変化に気を使う必要もありません。ワインを長期間保存したい時は、ワインセラーの購入を検討してみましょう。

コメントを残す

CAPTCHA