甘口、フルボディ?ワインの味を表現する言葉教えます

ワインの味は独自の表現方法がある

甘口や辛口といった表現のほかに、「○○ボディ」なる表現を聞いたことがないでしょうか?これらはいずれもワインの味を表現する方法です。ブランデーのシングルやダブルのように、そのお酒独自の用語は様々ありますが、味に関する表現はワインならではと言えます。しかし、どのような違いがあるのでしょうか?

「甘口、辛口」という味の表現は白ワインとロゼワインで使う

まず甘口と辛口ですが、これは白ワインやロゼワインで使用されている表現方法です。赤ワインではこうした表現方法を使用しません。スティルワインの中でも、白とロゼの味を表現する際に用います。

甘口は軽い口当たりが特徴で、ワインの甘みが強いことを意味します。読んで字のごとく非常にわかりやすい表現と言えますね。しかし、辛口はしょっぱい・辛いから辛口なのではなく、酸味強いために辛口と表現されます。酸味が強くて甘みが少なく、舌にピリッとした味が残ることが理由です。

なお、ラベルやパッケージに甘口や辛口と書かれているワインもあります。白かロゼを買う際は、こうした表現を参考に味を想像してみるのも良いでしょう。

「○○ボディ」という味の表現は赤ワインでしか使わない

一方で、赤ワインは甘口や辛口という表現はされません。「○○ボディ」という、独自の表現が行われています。ボディは以下の3つに分けられますが、口当たりや風味が異なるので注意が必要です。

  • フルボディ
  • ミディアムボディ
  • ライトボディ

フルボディは、色が濃く、なおかつタンニンの渋味が非常に強い時に使う表現です。ブドウの香りも一番強いことから、「重いワイン」と表現される場合もありますが、重い赤ワインはフルボディと同義です。

ミディアムボディは、フルとライトの中間に位置する表現方法です。やや曖昧で個人により主観も入る表現方法と言えますが、渋みや風味のバランスが取れている場合に使用されます。

ライトボディは色がやや薄めの時や、渋みと酸味が少ない赤ワインに使われる表現です。味が比較的軽めで、フルボディより渋みが少ないため、赤ワイン特有の味が苦手な方におすすめです。

レストランでも使える言葉

ワインの甘口やボディなどの表現は、実はレストランでも通用する用語です。
例えば「辛口の白ワインで」と注文すれば酸味が強めの白ワインが供されますし、「ライトボディの赤」と言えば渋みや酸味が少ない赤ワインが注文できます。逆に店員から聞かれることもあるため、好みの味のワインを注文できるよう、味の表現方法をしっかり覚えておきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA